現場コラム

お客様を歓迎する?!空き時間と空間

TIME IS MONEY!!

飲食店やサロンの経営、事務所の運営をされる皆様、営業時間外・休日に空きスペースができていませんか?

「仕込みや事務処理の内勤をしているだけ」
「漠然と休憩時間に当てていたり、誰もいないな」

というケースは少なくありません。

和食屋を営むオーナーJさんは、ランチタイムから夜帯まで4時間の休憩時間があり、定休日以外に店休をとる体制です。

そこで、月に一度、シェフによる「家庭でできるおばんだい(総菜)」を教える手軽なお料理教室を行うことをご提案しました。

店内の奥の一角は、落ちついたグループ席に仕切られています。カウンター席の奥が厨房であり使い勝手のよいレイアウトです。既成の料理スクールよりも、女性にウケそうな居心地良さがあるわけです。

地域はやや高級層の住宅地やマンションが増えているエリアです。

料理を提供する飲食店の基本から、料理や店に関心を持ってもらい、ファンを作る戦略です。

ひとつ!必ずしも、料理教室に来る方が飲食に来るとは限りません。しかし、情報や人の流れは巡り巡っていますから、間接的な呼び込みが期待できるのです。

秘書業務の代行センターを経営するHさん。土日は完全に事務所の利用はなく、Hさんとスタッフが残務のために出社する程度です。

事務所には、来客用のラウンジスペースがあります。

隔月でセンターに登録している会員(企業)のために、様々なテーマのラウンジセミナーを開催する企画をご提案いたしました。

その後、会員さんの方から「セミナーをやりたいから数時間利用したい」という申し出があり、レンタルスペースとして貸し出すことがあるそうです。

お手軽なレンタル料に設定していますが、人の出入りは間接的な営業になり、新規会員の申し出につながっています。

近年、大企業が空き会議室を、セミナーや研修に貸し出すところは少なくありません。その応用ですね!

店舗、サロン、事務所の仕様や営業時間によりますが、御社・貴店の空き時間・空きスペースは有効活用できそうでしょう?

会社概要

元気な事業!先鋭ビジネスをめざす「志麻ビジネス・経営相談室」
東京都中央区銀座6-6-1-5F

ご連絡先 TEL 03-5537-7554 お問い合せフォームはこちらへ

会社概要


コラム

透視コンサルティング一覧

お問合せ